兼六園のもととなった庭園に佇む
杜の中の工房「北陶」

火の中の自分、土の中の自分と出会う
「野焼き」

静けさの中で土と会話する
陶芸教室